小さな建設業者さんの8割が食いつく話題とは?

ようやく小規模事業者持続化補助金事業が完了し、報告書等も用意ができました。この補助金ですが、建設業のお客様にもお会いした際に積極的にお伝えしているのですが、非常に反応が良いです。だいたい体感ではありますが、8割は結構まじめに聞いてもらえます。

今は、建設業許可業務が忙しいため中々補助金のサポートまで手がまわらないのですが、補助金のサポートを業務にすることも出来るでしょうし、HPを作れる人ならHPの制作を勧めるのもありだと思います。

業務として取り扱わなくても、とてももらいやすい補助金ですから、情報提供するだけも喜んでもらえます。

小規模事業者補助金に興味がなかったという方はぜひ調べてみてはいかがでしょうか。2016年でもやる予定です。

 

ダイレクトメールを送るならここだ!

平成27年、小規模事業者持続化補助金の関係で11月~12月にかけて、6000通のDMを出しました。

以前から更新を間近に控えが業者さんには送っていましたが、今回は、許可をまだ取っていない業者さんと更新時期を控えているかを問わず、比較的近くの許可業者さんにお送りしました。

まだ結論を出すのも早い段階だと思うのですが、とりあえず今の段階では、DMを出すなら更新時期を間近に控えが業者さんが一番だと考えています。理由は2つ。

1,送る相手を探しやすい

新潟県と山形県での話になりますが、県庁まで行かなくても更新時期が迫った業者さんをネットだけである程度探せます。しかもエクセルでデータを公開してくれているのでリストを作る作業も大部落が出来ます。

これが許可を取っていない業者さんだとリストを作ることが結構な作業になります。

2,需要が高まりやすいタイミングである

手続きが間近に迫っているのですから、どこかに手続きをお願いしたいと考えている業者さんから、ダイレクトメールを見て、電話をかけてもらえる確率が上がります。

許可をまだ取っていないところやすでに許可を持っているが更新時期が迫っていないところは、そもそも手続きの必要性がまだ発生していない可能性が高いので、反応率も悪くなります。

資金や時間に余裕があるなら、更新時期を控えた業者さん以外にも送って色々試してみて良いと思うのですが、資金や時間が限られているなら、まず更新時期を控えた業者さんにDMを送って、試行錯誤していくのが効率的かと思います。